情報発信にコピーライティングは必要なのか?

この記事は3分で読めます

-shared-img-thumb-PAK58_mihirakitecyoutopen_TP_V

こんにちは。

西です。

 

今日は、情報発信には

コピーライティングが必要なのか?

 

ということについてです。

 

もちろん、

情報発信をしていく上で、

情報発信自体には

 

そんな技術は必要が無いです。

文章が書ければいいんじゃないでしょうか?

 

しかし、セールスになってくると

必要にはなってくるかと思います。

 

やっぱり、コピーライティングの

技術を使ったほうが成約率は上がりますしね。

 

 

例えば、3日間限定!!

3日以内に買わないと

この特典は永久に消滅します!!

 

みたいな限定性が無いと

”今買う理由”は作れませんよね?

 

これを

いつでも売っているので買って下さい!!では

どうでしょうか?

 

価値は低く感じるし、

まぁ、もうちょっと検討してみよう。

 

となりますよね。

 

確かに売りにくい。

それはあります。

 

とわいえ、そこまで

コピーライティングの技術は

駆使はしないでもいいのではないかと

 

個人的に思っています。

 

 

というか、

煽り過ぎな人とかいるじゃないですか?

 

本当の実力と言っている実力が

めちゃくちゃ乖離しているとか。

 

それとかですねぇ。

 

言ってることとやってることが

全然違う人とか。

 

いると思うんですよ。

 

 

ああいうのは良くないと思うんですよ。

 

本来のコピーライティングって

商品の魅力を100%伝えるのが目的です。

 

その上で、判断する手伝いをするみたいな。

 

 

でも、感違いする人は

100の魅力を150で

伝えてしまうみたいな感じです。

 

 

これだと、

買った後の残念さと言えば

 

半端ないですよね。。

 

「え?あのセールスの時に言ってたノウハウってどれ?」

「サポートは稼げるまで!とか言ってたじゃん!」

「48時間以内に回答がくると言ってたじゃん!」

 

不満が爆発してしまいます。

 

不満を感じてしまえば

次に、またこの人から商品を買おう。

 

そう思うはずもありません。

だからこそ、この情報販売の業界って

リピートが少ないと言われたりするんですよね。

 

 

盛々の山盛りライティングだから・・・

ちょっと特殊ですよね。

 

 

ですので、売るコピーライティングというよりは

自分の商品の魅力を100伝える。

 

こっちの方が大事だと

個人的には思っています。

 

だって、商品がすごく良ければ、

普通に魅力を伝えるだけで

売れる訳ですからね。

 

 

売れないのは

そもそも、ターゲットの設定が

間違っている場合が多いです。

 

自分のリサーチが甘かったからになります。

 

当たり前ですけど、

スパゲッティを食べたい人に

カツ丼を売ろうとしても厳しいですよね。

 

売ろうとするなら、

カツ丼に上手く意識をズラすしかありません。

 

そもそもカツ丼を食べたくも無い人に

並盛りなのに大盛りですよ!とか

 

スーパーの肉なのに、

高級な肉を使っています!とか

 

今なら食べられますよ!

スパゲッティよりお得ですよ!

 

って言われたら

 

「お・・・おぉ。」って

多少は心が動くかと思います。

 

でも、実際は普通。

「スパゲッティ食べれば良かった!!!」

そうなると思います。

 

盛って盛って

強引に売ろうとするから

不満が溜まるんですよね。

 

コレってどうなの?って思いません?

 

 

とはいえ、

商品に絶対的に自信があって

 

「このカツ丼を食ったら、お客さんのかつ丼感は崩壊する!!」

みたいな感じで、

 

”お客さんの未来が変わる”

という確信があるなら

 

多少は強引にいっても

いいと思うわけですが・・・

 

不満になるのなら

お客さんは不幸になりますよね。

 

それはいけないと思うし、

ビジネスが先細りしていくのが見えています。

 

 

私が言いたいのは、

商品を売るのには確かに

コピーライティングは重要です。

 

 

しかし、その前に

商品の良さや

リサーチは十分にしたのか?

 

こっちの方が大事だと思っています。

 

私はコピーライターではありません。

情報発信者として情報発信をしています。

 

ですので、コピーライティングより

情報の中身。

 

こっちの方が重要だと思っていますよ!

 

 

 

まぁね。

売上が大きい奴がビジネスの世界では

正義なのかもしれません。

 

だからなんとも言えないですけどね!!

 

ではまた!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. F_icon.svg
  2. -shared-img-thumb-freee151108579533_TP_V
  3. bsPAK85_MBAdesagyou20140312
  4. bsYOTA82_atamakakaeru15123152
  5. -shared-img-thumb-OZP_denkidoril1188_TP_V
  6. a0002_012009
    • miya
    • 2016年 1月19日

    売るコピーライティングというより
    自分の商品の魅力を100伝える

    100より、多くても少なくても、駄目なんですよね。
    限りなく100に近くて、100を超えない。
    そんな魅力的なコピーライティングができるようになりたいです。

      • wpmaster
      • 2016年 1月19日

      コメントありがとうございます。

      捉え方は人それぞれですけどね!

      長期的に見て一番いいのは
      無理に煽ったりしないことだと

      私は思っています!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

半自動
当ブログに足を運んで頂きありがとうございます。

にしと申します。

このブログでははメルマガアフィリエイトで稼ぐための情報を発信しています。

使えるテクや、稼げる思考、最先端のノウハウを公開していきます。


友だち追加数
LINE@始めました! 気軽に絡んでくださいヽ(・∀・)ノ

人気ブログランキングに参加しています♪

アフィリエイトで稼ぐ有料級音声60本・動画30本プレゼント!

半自動
サイバーエージェントFX評判